皆さんこんにちは!

今日はシンプルを極め、より洗練されたデザインとなった

「プレスタ門扉」をご紹介します(^o^)

 


 

プレスタ門扉

アルミ形材の質感をより際立たせるために、従来品のデザインをベースとしながら、

シンプルかつシャープなデザインを徹底追求。装飾を排したそのデザインは、景観に

美しくなじむと同時に、住まいに軽快で洗練された印象をもたらします。

 


 

〇〇「フラットデザインコンセプト」〇〇

住まいの顔に上質と洗練をもたらす、LIXILの

「フラットデザインコンセプト」の3つのポイント。

◆丸みを抑えたスクエアなフォルム

各部位の丸みを抑えることで、モダン住宅にも合わせやすい、スクエアなフォルムを実現。

 

◆凹凸部をなくし、意匠性をアップ

上下桟や框の凹凸部を削ぎ落とし、すっきりとシンプルな形状に。

 

◆キャップを小型化し洗練された印象に

「通し笠木形状」にすることでキャップを小型化し、より洗練された印象に。

 


 

〇〇デザイン・カラー〇〇

シンプルなデザインから個性的なデザインまで、9パターンをラインナップ。

 

 


 

〇〇凹凸部・丸みをなくした「框」〇〇

※「框」・・・窓や障子など建具の周囲の枠。

框の構成要素を見直し、気になる凹凸部をすっきりと抑えたデザインへ。

また、丸みを抑えることで、現代の住まいにフィットするスクエアなフォルムを実現。

 

  

 


 

〇〇さらにデザイン性と操作性を向上させた「新型錠」〇〇

錠機構部を框内に収めることで、”アームレス”のすっきりとしたデザインへ。

操作角度20°で開け閉めできるので操作の負担も軽減。

「鎌錠」と「ラッチ錠」の2タイプがあります。

 

  

 

 

   

 


 

〇〇日本の伝統様式を取り入れた、街並みに馴染むデザイン〇〇

日本の伝統的な家屋に受け継がれてきた様式美。街並みを変えるのではなく、

街並みに馴染むデザインは、住まう人にも道行く人にも安心感を与えるだけでなく、

機能的にも先人たちの知識が息づいています。

 

⚫町家の連子格子をイメージした「奥行きの深い細桟」

京町家の通りに面した部分に取り付けられる「連子格子」を、現代の門扉に再現。

繊細で美しい格子が開放感を保ちながら、斜めからの視線もカットします。

 

 

⚫子扉で門扉に個性豊かな表情をプラス

すりガラス調のポリカーボネート板が、エントランスに光を取り入れながら

個性をプラスします。※すべての門扉(親扉)に組み合わせ可能です。

  

 


 

〇〇車庫まわりとコーディネート〇〇

LIXILのオーバードアや伸縮門扉との組み合わせで、

住まいの顔を美しくコーディネートできます。

 

 


 

〇〇中間すき間カバー〇〇

扉と扉の間の気になるすき間を隠すカバーをご用意。

扉と同一の素材・カラーで、一体感を演出できます。

 

   

 


 

いかがでしたか?

細部にまでこだわりが光る、洗練されたデザインの「プレスタ門扉」。

皆さんのご自宅にもぜひいかがでしょうか(*^^*)